認定について

後遺障害には認定が必要になります。その認定について説明していきます。後遺障害の認定とは、そのままこの人は後遺障害を持っている人ですというものです。この認定というのが交通事故などに重要に成るのです。基本的に後遺障害に認定するためには症状固定の認定と後遺障害の認定、等級の認定というのが必要になります。

これをしっかりと認定してもらわないといけません。それでまず症状固定の認定は基本的に医師からの認定になります。医師がこれ以上の医療行為をしても治らないといった状態になっている場合に出されるものです。もちろん、医師もしっかりと治療を行っているがそれでも難しい場合に症状固定の認定になります。

これが最初に認定されるものです。次に、後遺障害の認定ですが症状固定の認定がされているならほぼ難しくはありません。必要な書類を用意して書面審査を行うことで後遺障害になることが出来ます。ただし、書類の不備などがあると認定されないことがありますので注意です。

それと等級の認定ですが、これは後遺障害が認定されれば認定されます。等級ですので14から1の中で決められた等級になりますので、しっかりと教えてもらうようにしてください。基本的な認定としてはこのようになっています。

弁護士や医師と話し合って適切に認定を行っていきましょう。

書類について