書類について

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

後遺障害の認定を行う際に書面審査を行うのですが、その時の書類について簡単に説明していきます。書類の不備などが内容にしてください。場合によっては弁護士に相談をして確認していくようにしましょう。

基本的に後遺障害の認定で必要な書面は後遺障害となり得る資料となります。医師による診断書(後遺障害診断書)や詳細な症状の書類、その他費用などの書類も必要になる場合があります。しっかりと後遺障害にしてもらうためにも、後遺障害診断書を書いたことがある医師に相談をするようにしてください。全く書いたことがない人と比べてかなり違いますので、慣れている人を探すことをおすすめします。また、後遺障害診断書を作成するのにある程度のお金がかかります。約5千円から1万円程度になります。病院によって異なりますので、その点確認しておいてください。

書類作成時に注意が必要なのが書いてくれない場合があります。様々な理由があり、交通事故の紛争に巻き込まれたくないやそもそも後遺障害診断書が書けないなどがあります。その場合はセカンドオピニオンなどを使用して他の医師に書いて貰う必要があります。といっても、基本的には書いてくれます。どうしても不安なら詳しい医師を見つけるようにしてください。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket