後遺障害は順番がある

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

後遺障害ですが、いきなり後遺障害に認定されるというわけではないです。幾つかの過程と準備が必要になります。当サイトでは後遺障害認定と等級認定までの手続きなどについて紹介していきます。後遺障害になりそうな人は参考にしてください。また、弁護士などがいるととても便利なので探しておくことも忘れないようにしてください。

まず、後遺障害になりうる症状が必要になります。交通事故によっては後遺症が発生することがあり、それが後遺障害に認定されることがありますので、それが必要です。後遺障害になりえる症状としては、大きなもので脳障害や体の自由あるいは、一部欠損といったものから頭痛やめまい、目立つ傷などの症状があります。

次に、医師からの症状固定の認定が必要になります。医師がこれ以上の治療が出来ないという場合に発生する認定で、これがないと後遺障害になりません。また、この時の診断なども必要になります。診断書以外にも書面検査で通すことが出来るような書類の提出が必要になります。それらが認めれば後遺障害と等級の獲得が出来ます。等級は状態によって決められており、状態が酷ければ高い等級になります。

後遺障害と等級が獲得できたら交通事故の因果関係や立証資料などを用意して弁護士に相談をすることで賠償金などに影響を与えていきます。認定も倍書金の交渉も必要な書類や状態が必要になります。順番にやっていき後遺障害として認められるようにしてください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket